結婚祝い・プロポーズ・母の日に華やかなフラワーギフト

たくさんあるブランドの引き出物から選ぶ

できれば、リッチな気分を味わう事ができるブランド物のアイテムを引き出物として贈りたいと考える人もいます。引き出物としてブランド物を選ぶ人は多いですが、いろんな種類のブランドがあります。

引き出物としてふさわしいと思われる物を選ぶのもいいですが、ゲストが好きなブランドを知っている場合には、それを引き出物として贈る事もできます。

ブランド物は普段の生活においてあまり頻繁に購入するという事はなく、時々購入する程度贅沢品となっている事が多いので、引き出物で贈るときっと喜んで使っていただく事ができるでしょう。一つのブランドでもたくさんのアイテムが揃っている事もあるので、よく考えましょう。

かさばらない引き出物について

昔は結婚式の引き出物というと、鍋とかやかんとか重たい砂糖などが当たり前の時代がありました。出席している人たちも、普段と違う場所で疲れているのに荷物が重くてくたくたになったものですが、いまはかさばらない引き出物が人気です。また自分で選べるギフトなどもあって、こちらも人気です。

結婚式に来る人は式場に近い人ばかりではありません。来てくださる人の帰り道ということに配慮するのも大切なことです。とくにいまは式のあとに二次会などもあるので、余計にかさばらない引き出物は重要になってきています。今後もこのような流れになっていくでしょう。

喜ばれる実用性が高い引き出物

もらっても使えない物は困るというゲストに対しては、実用性が高い物を引き出物として贈るというのもいいアイデアではないでしょうか。

生活の中で欠かす事ができない物を引き出物として贈ると、もらって困るという事は考えにくいでしょう。引き出物の中には置き場所が困る物もありますが、消耗品を引き出物として選んだ場合には、置き場所について悩ませてしまう事もありません。

中には残る物と引き出物として受け取りたいという人もいる様ですので、ゲストによって異なる物を贈るという事もできます。今では贈り分けをするという事は主流となっている事もあります。一人一人に満足していただける事を目標にしましょう。

必ず必要になる引き出物

挙式を挙げるとなると引き出物は必ず必要になります。ゲストにとってお祝儀を渡すのがマナーとなっておりますので、そのお礼として引き出物を贈らないと失礼になってしまいます。

また、引き出物はただ贈ればいいという分けではなくて、あまりにも安価な物を引き出物として贈ってしまった場合には失礼になってしまう事もあります。

そのため、引き出物としてふさわしい価格帯に設定できているかどうかという事が結果として重要になります。まず、これらの基本的な事を守る必要があります。その上で、どんな物がいいかという事について考える様にしましょう。マナーについては、自分で調べたり、プランナーに聞いてみましょう。

名入れの商品を引き出物にする

そのままの状態で引き出物として贈る事ができる物もありますが、中には名入れを行う事ができる物もあります。しかし、ずっと残る物に名入れをして、引き出物として受け取っても、会社の人や友人などの名前が入った物というのは、使いにくいという意見もあるので、名入れをする際には、よく考えた方がいい場合もあります。

名入れができる引き出物の商品は少なくありません。自分が引き出物をいただく立場に立って考えてみるといいでしょう。

名入れの引き出物は家族であれば、問題なく利用できる事もありますが、少し遠い関係にある場合には、日常生活の中で出番が少なくなってしまう事もあります。いろんな視点で考えてみましょう。

自分でラッピングをする引き出物

お店の人に頼むと引き出物のラッピングを行ってくれます。しかしながら、自分で引き出物のラッピングを行いたいという人もいます。自分で引き出物のラッピングをするためには、包装紙や熨斗を用意する必要があります。また、一点ずつ引き出物にラッピングを行うにはそれなりに時間もかかります。

結婚式が近づくと、引き出物はもちろんですが、その他にも用意しないといけない物が増えますので、忙しくなる事が予想されます。商品が手元に届き次第、作業を開始した方がいいと思います。また、いきなり本番用の物で行うのではなくて、それまでに少し練習しておく事により、コツを掴む事ができる場合もあるでしょう。

引き出物についての関連記事

結婚式場、結婚式の引き出物、有馬温泉の情報を掲載しております。

結婚式場、結婚式の引き出物は一生で一回なのでよく考えましょう。有馬温泉の情報は今後増やしていきます。